ぎっくり腰

ぎっくり腰

突然起こるぎっくり腰

ぎっくり腰の対処方法と予防方法

ぎっくり腰は、突如腰に鋭い激痛が起こることで、多くの人に恐れられています。 ぎっくり腰は、魔女の一撃と外国で言われるように、痛みで動く事が出来なくなる事もあります。ぎっくり腰は、高齢者や中年に多いと考えている人が多く、若い人うちは心配ないと思っている人もいますが、若者にも多く見られる症状です。

ぎっくり腰になると、日常生活を送る事が困難になり、仕事などにも支障が出てしまう事もあります。一度ぎっくり腰を経験した人は、恐怖心によって重い物を持つ事に抵抗感を感じる、という人もいるようです。

ぎっくり腰の原因は、様々にありますが、何気ない動作がきっかけで生じる事が多いとされています。ぎっくり腰にを引き起こす原因は、内臓の病気である場合もあります。多くの場合、長年の疲労の蓄積が原因で、腰に負担がかかっており、ふとした動作をきっかけに、腰の負荷が限界を超えて、腰に激痛が走ると考えられています。

ぎっくり腰を起こしやすい人は、腰を支える機能が全般的に低下していると考えられ、腰自体の耐久力が低下している事以外に、周辺の筋力の低下が考えられます。また、ぎっくり腰になりやすい人は、普段から姿勢が悪く、腰に負担をたくさん掛けていたり、肥満気味で体重によって腰を酷使している人なども当てはまります。ぎっくり腰は動けないほどの痛みを感じる事もあり、なってから直すようにするのではなく、ならないように予防する事の方が重用です。普段から筋力を鍛え、姿勢を正しくして腰の負担を減らすようにしましょう。

もし、ぎっくり腰になってしまったら、楽な姿勢で横になり絶対安静にしましょう。 この時、患部は冷やすようにして、早めに整形外科を受診する事をお勧めします。寝るときは、横向きになった方が楽になるとされていますが、自分の楽な姿勢にして、腰を刺激しないようにしましょう。ぎっくり腰になったら、安静にして過ごしますが、再発しないように、予防をしっかり行いましょう。

スポンサードリンク

ぎっくり腰とは
ぎっくり腰になりやすい人
ぎっくり腰の原因
女性がなりやすい?
世代別のぎっくり腰 10代~20代
世代別のぎっくり腰 30代~50代
世代別のぎっくり腰 60代~
ぎっくり腰の対処法
コルセット
マッサージ
漢方
腰を冷やす
湿布
手術
針治療
整体
歩き方
ぎっくり腰の予防法
筋肉を鍛える
食事
ラジオ体操
姿勢
ストレス
ぎっくり腰の詳細
ぎっくり腰の症状
妊婦とぎっくり腰
癖になるぎっくり腰
ぎっくり腰の処置
外出先の応急処置
軽いぎっくり腰の場合
自宅での応急処置
寝方
病院
ぎっくり腰と病気
ヘルニア
腰椎分離
坐骨神経痛

Copyright (C) ぎっくり腰 応急処置と対処法 All rights reserved.